無線イヤホンのメリットとデメリット!有線イヤホンから変えたら世界が変わった話

こんにちは、エージです。

有線のイヤホンを使っていて、無線イヤホンに変えようか悩んでいる方いるかと思います。

僕も元々、有線イヤホンを使っていて「無線イヤホンなんて音が遅延するんだろ〜?」とか「無線イヤホンは充電必要だからなぁ。」とか謎の言い訳をして無線イヤホンに変えていませんでした。

ただ、有線イヤホンから無線イヤホンに変えたら、今では有線イヤホンに戻せません。完全に世界が変わりました。(笑)

今回は、僕が有線イヤホンから無線イヤホンに変えた理由と無線イヤホンのメリット、そしておすすめ無線イヤホンも合わせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

僕が有線イヤホンから無線イヤホンに変えた理由

有線イヤホンから無線イヤホンに変えた理由は、有線イヤホンが壊れたからです。

単純ですよね。(笑)

そこからまた有線イヤホンにしても良かったんですよね。無線イヤホンはなにかと不便がありそうですし。

ただ、最近は無線イヤホンを付けている人が増えてきていて「無線イヤホンって便利なのかな〜。」とか考えるようになったんで、思いっきって買っちゃったんですよね。

これが大正解でした!!

と言っても、まだ伝わらないと思いますので、有線イヤホンと無線イヤホンのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。こうやって文字にして比較してみると無線イヤホンの魅力が分かってくると思います。

有線イヤホンのメリット

有線イヤホンのメリットを見ていきましょう。

充電の必要がない

充電の必要がないところが有線イヤホンのメリットですね。

音楽プレーヤーの充電さえあれば、本体にさすだけで使えるので、音楽プレーヤーの充電だけを気にすれば音楽を聴けるのが魅力的です。

充電切れの心配がないのでそこは有線の強みでしょう。

値段が安い

無線イヤホンに比べて有線イヤホンは安い傾向があります。

音質を気にしなければですが、今では百均にでも売ってますもんね・・・。

ただ、百均ではないにしろ有線イヤホンのほうが安いのは間違いないでしょう。

無線イヤホンのメリット

無線イヤホンのメリットはどういうところがあるのでしょうか。

コードが絡まらないのでストレスフリー

これが断トツの利点なんですよね。思った以上にストレスフリーです。(笑)

カバンからすっと出して、タイプによりますが首にかけたり耳にはめたりしてそのまま音楽を聴くことができます。

取り出してまずはあやとりというワンクッションは必要ありません。(笑)

また、カバンを前に回したりスマホを触るときもコードに引っかからないのはかなり気楽です。

音楽プレーヤーやスマホから離れて使える

音楽プレーヤーやスマホで音楽を聴いているときに、本体から離れられるのも大きな利点です。

前までは皿洗いとか洗濯物をたたむときとか、家事をするときはスマホから音楽を垂れ流しにしていて水道の音とかで聴こえなかったり離れたら聴こえなかったりだったのですが、今では家事をしながらイヤホンで音楽を聴けているので家事の苦痛が一気に減りました。

とくに耳に入れるタイプのイヤホンはカップルや夫婦で片耳にさしながら一緒の音楽を聴きながら作業できて最高とも言われたりしますね。

有線イヤホンのデメリット

有線イヤホンのデメリットをあげてみましょう。

コードが絡まる

イヤホンをカバンなどに入れておくと絡まってしまうんですよね。あとは変な癖がついてグルン!と丸まってしまったり。(笑)

ただ、今は有線イヤホンの絡まないグッズのイヤホンホルダーも売っているのでそれを購入すれば抑えることができますね。

僕は、イヤホンホルダーでは見た目もホールドしやすさも兼ね備えた下を圧倒的におすすめします。

created by Rinker
cheero
¥1,480 (2021/03/02 07:15:40時点 Amazon調べ-詳細)

コードが邪魔で作業がしにくい

これは無線イヤホンのメリットでも話しましたが、家事をしながら音楽を聴くときにはどうしてもコードが邪魔になってしまいます。

結局PCやスマホから垂れ流しにするのですが、皿洗いのときとか水道の音で聴こえなくなってしまいます。

家事に限らず、PCなどの作業しながら音楽を聴きたい方には有線イヤホンはストレスになってしまうでしょう。

無線イヤホンのデメリット

無線イヤホンにももちろん有線イヤホンと比べてデメリットは存在します。見ていきましょう。

充電が必要

無線イヤホンは充電が必要となります。

ただ、毎日充電しなきゃいけないかと言うとそうではありません。このことを知らないで、スマホやケータイのように毎日充電しなければいけないと思っている方が多いです。

僕の使用している無線イヤホンはいくつかあるのですが、以下のものだと1日2時間くらい聴いてても1週間くらいは充電しなくても使えます。

電波や接続が悪いと音が割れる

音が割れてしまう方もいるらしいのですが、僕は今まで起こったことはありません。トンネルを通っても気にしなかったくらいですね。

僕の周りにもいませんが、人によっては音がとびとびになってしまうことがあるようなのでもし起こった場合はデメリットですね。

ちなみに、音の遅延などもあるとか言われていますが、気になる遅延が起こったことは僕は全くありません。

スポンサーリンク

無線イヤホンのメリットまとめ

無線イヤホンに変えて、本当に僕は世界が変わりました。

メリット・デメリットを伝えると数的にはそこまで変わらないように感じますが、コードが邪魔にならなくなって行動範囲が広くなったのはめちゃくちゃ大きいです。

まるでハンターハンターのkuroro団長がスキルハンターで片手に本を持っていたときから、栞を手に入れて両手が使えるようになったときほど!!

充電という制約が必要になりましたが、体術向上の効果は甚だ大きいですね。

ハンターハンターネタですみません。(笑)

ただ、本当にストレスフリーで動けるようになったのは本当に世界が変わります。もう有線イヤホンに僕は戻れません。

僕がおすすめする無線イヤホン5選

無線イヤホンのメリットを紹介したところで、僕のおすすめする無線イヤホンを紹介したいと思います。

本当に世界変わりますから。(笑)

Apple AirPods

王道であり多数のユーザーに好まれているシェア率No.1のApple無線イヤホンです。

音質も重低音がしっかりしており、音の遅延など起こっておらずApple製品には相性抜群ですね。

充電も単体では5時間ですが、持ち運びのできるバッテリーケースを入れて24時間なので、無線イヤホンのデメリットであるバッテリー切れもほとんど気にすることがありません。

また、耳から外すだけで音楽が止まったりするので利便性も文句ありません。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple

COWON CF2

軽くて抜けにくい完全独立型の無線イヤホンです。

完全独立型は、ものによっては抜けやすくて歩くだけで抜けてしまったりするのですがCOWONはそれがありません。

また、高い送受信率を誇るので音飛びや割れてしまうこともほぼないので完全独立型を考えている方にはおすすめです。

created by Rinker
コウォンジャパン
¥3,600 (2021/03/02 19:38:12時点 Amazon調べ-詳細)

SOUL SOUL X-SHOCK 完全ワイヤレスイヤホン WHITE【SL-2006】

こちらも完全独立型のイヤホンです。

何よりも強みは充電時間が長く、イヤホンの充電を18回も行える充電器がつきます。この充電器はスマホの充電にも使えるのでかなり利便性が高いです。

さらに、雨の日やジョギングでも使用できるので水にも強いのが特徴です。アウトドアが好きな方にはうってつけのイヤホンとなっていますね。

412(JPRiDE)

僕が調べ尽くした首にかけるタイプのイヤホンでコスパ最強だと思っているのがJPRiDEの412です。

音質も最高で首かけても違和感がないほど軽く、充電も12時間なので1週間はもちます。

さらには値段も3000円程なので無線イヤホンがどういうものか知りたい方には超おすすめできる商品です。

僕はこれを知人にプレゼントしたらめちゃくちゃ喜んでずっと愛用してくれているので間違いはありません。

Bose QuietControl 30

無線イヤホンで圧倒的に高い質で支持を受けているのがBose QuietControl 30です。

音楽機器で有名なBoseが手がけたらしい高品質な重低音は最高の音を出してくれます。

日常のさまざまなシーンに合わせてノイズキャンセリングレベルを調整が可能となっています。音量が低くても周りの音をかき消すので耳に優しく聴くことができるのも特徴です。

また、デザインもとても人気で首からかけていてオシャレな雰囲気も出してくれますね。

まとめ

無線イヤホンのメリットとおすすめ無線イヤホンを紹介していきました。

今現在、有線イヤホンで迷っているのなら、まずは安くてコスパの良い無線イヤホンから入ることをおすすめします。本当に世界変わりますよ。(笑)

通学・通勤で電車を利用する方はイヤホンは持っておいたほうがリラックスもできますし、持っておいて損はありません。

ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

ご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です