外見至上主義がアプリXOYで面白いと人気!韓国漫画が無料で読める!

こんにちは、エージです。

外見至上主義という漫画が評判高く、XOYというマンガアプリで無料だったので読んでみました。

読んでみると、めちゃくちゃ面白い!ぱねぇ!
「エージっていつも漫画読んでていつも面白いって言ってない?」って思うかもしれませんが。笑

実際、面白い漫画っていっぱいありますけど僕がブログに書くのってめちゃくちゃ流行ってるわけでもないけど特に面白いものなんですよね。口コミさえ広がれば絶対人気になるであろうと信じているものです。笑

つまり、漫画の穴場みたいなものを書かせてもらっているわけです。この外見至上主義は韓国の方が書いてる漫画で、XOYという漫画アプリでは常にランキング上位に位置する人気漫画です!!

今回は、そんな外見至上主義について書いていきたいと思います!めっちゃおもろいですよ!

スポンサーリンク

外見至上主義の簡単なあらすじ

見た目が冴えない主人公の長谷川蛍介は、その容姿によって学校でいじめられていました。

いじめのストレスからか、蛍介の唯一の味方であり優しい母親に当たってしまいます。

そのうち、いじめに耐えられなくなり学校を転校したいという蛍介。女手一つで息子を育ててきた母親は、なけなしの貯金を使い果たし、さらには仕事も増やして蛍介に転校と一人暮らしをさせることになります。泣ける・・・。

ボロボロのアパートで一人暮らしを始める蛍介ですが、ある日朝起きてみると天井がやたらと低く身体が軽いことに気付きます。

そしてふと鏡を見てみると、超絶イケメンの男が!!

実はこれは蛍介本人で、なぜか寝てる間にイケメンと入れ替えることになりました。何故かは知りません。笑

蛍介の元の体もあって、イケメンの体もあって2つの体を入れ替えて学園生活を送るドラマチック学園ストーリーです。

で、この内容がドラマになってもおかしくないクオリティ!キャラも愛着があったり個性的で、口コミでは内容もさることながらキャラ評価がめちゃめちゃ高いんです!

外見至上主義の登場人物紹介

長谷川蛍介(はせがわけいすけ)

本作の主人公で、蛍介とみんなに呼ばれます。けいすけです。ほたるすけではありません。

冴えないときとイケメンになったときです。

冴えないときもイケメンのときもどちらも長谷川蛍介で通していますが、周りは同じ名前なんだね〜と特に気にしていない様子。

韓国には結構いるのかな?ほたるすけっていう名前。

香川美怜(かがわみれい)

同じクラスの美少女。黒髪ショートと巨乳が特徴で、イケメンが大好き。面食いですけど性格が悪いとかではありません。

物語を進めていくうちに、顔か性格どちらが良いか迷っていくことに。

北原流星(きたはらりゅうせい)

ボクシング経験者でケンカがめちゃくちゃ強いです。
出番当初は、初対面の人をいきなり殴るというサイコパスぶりを発揮していましたが、物語が進むにつれて読者の人気を集めていきます。

瑞樹の犬に成り下がるほど瑞樹のことが好き。

瑞希(みずき)

北原流星が好きな女の子です。
優しい流星の飼い主的存在。

四宮紅輝(しのみやこうき)

僕のお気に入りのキャラクターです。
というかこの漫画で人気投票をしたら1位をとるんじゃないかというくらい人気があります。

前髪で目を隠しているオシャレで金持ちでケンカが強くて純粋なイケメン男子。
主人公に気に入られようと無邪気に頑張ります。

馬場晃司(ばばこうじ)

四宮と同じくらい人気のキャラクター。愛称は「バスコ」。
筋肉が凄まじくケンカが強いが、性格は子供っぽくて弱いものの味方です。

初登場時は一見悪者かと思いがちですが、よく泣く優しい筋肉お兄さんです。

スポンサーリンク

岡本翔瑠(おかもとかける)

バスコ(馬場晃司)といつも一緒にいる相方。耳がでかいのが特徴です。

バスコのことを敬っていて大好き。

磯野聡(いそのさとし)

長谷川蛍介の通う学校の美容部の唯一の男子。
イケメンでモテるが、ガードが固くて有名。今のところそこまで活躍していません。

埼玉貴仁(さいたまたかひと)

ヴォーカル学科で自分のことをイケメンと思っているサングラスをかけた青年。
ケンカはほどほど強く、あまり活躍はないけどちょくちょく出ている人。

森永雅樹(もりながまさき)

いじめられっ子。蛍介やバスコが優しく助けてくれるのに見栄を張っていつも問題を起こす不人気キャラクター1位くらいの人物です。

自分のことしか考えないし学習しないし読んで「おいっ!」と突っ込みたくなるキャラもNo.1。

今敏斗(こんびんと)

こちらも森永雅樹と似ていじめられっ子。
ただ、敏斗は努力家であり才能もあるので物語が進むにつれて活躍していきます。

割と人気あるキャラクターだと思います。

練馬明里(ねりまあかり)

長谷川蛍介のクラスメイトの女の子。実は、彼女も蛍介と同じく冴えない体とモデル並みのルックスの2つの体を持っています。

冴えないほうは小さくて、美女はバリバリのキャリアウーマンみたいですね。笑

蛍介の冴えない方に惚れているとか。

今西健太(いまにしけんた)

長谷川蛍介の元の学校のいじめっ子。ケンカが強く気が短いです。
途中から転校してきて、今の蛍介と同じ学校に。

イケメンの蛍介でも、過去のいじめがトラウマになって目も合わせられないでいます。

蛍介のお母さん

優しくて蛍介のことばかり考えている神様的存在。蛍介の母ちゃんが出てくる話は涙なしには読めない…。読めば分かりますけど、ほんと神様なんですよ。。

神は今、自由には動けない。

まとめ

この漫画はホントに無料で読めるのを感謝するほど嬉しいです。

僕の中で争いが好きじゃない人に勧める漫画ランキングは今現在ではダントツ1位です!というか、争いありの漫画含めても1位を争うくらいおすすめです。

女性には間違いなく勧めますし、僕含め周りの男性の知人もハマっているので誰でも楽しく読めます!

外見至上主義は、人気マンガアプリのXOYで無料で読むことができます!ぜひみなさんも読んでみてくださいね!!

created by Rinker
¥858 (2021/03/02 19:07:35時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です