【ライオン菓子】ぷよぷよグミがうまいので24袋買って19連鎖つくってみた

こんにちは、エージです。

お菓子メーカーのライオン菓子からぷよぷよグミが発売されています。

まぁ、ぷよぷよは元々グミっぽいですからそこまで衝撃はないかもしれません。

ただ、僕はぷよらーなのでそのぷよぷよグミを食べるしかないのです。義務というやつですね。

でも、ぷよぷよのお菓子だから食べるだけじゃ物足りないですよね。

ということで、ぷよぷよグミで19連鎖をつくってみました。

今回は、ライオン菓子から発売されているぷよぷよグミを食べてみた感想とつくってみた連鎖を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

ライオン菓子から発売されているぷよぷよグミとは

ライオン菓子から発売されているぷよぷよグミについて見てみましょう。

メーカー名 ライオン菓子
内容量 30g
価格 100円(税抜き)
ぶどう、マスカット、りんご、もも、レモン、ソーダ

国民的人気パズルゲーム“ぷよぷよ”とコラボしたグミです。 味はフルーツ味のぶどう、マスカット、りんご、もも、レモンと、ドリンク味のソーダの全6種類。 今回、ぷよぷよボールチェーンぬいぐるみキャンペーンを実施します。
引用元:ライオン菓子-商品情報

上はライオン菓子さんのHPからの引用です。

味はぷよぷよの色に合わせて決まっています。

  • 緑ぷよ・・・マスカット味
  • 赤ぷよ・・・りんご味
  • 黄ぷよ・・・レモン味
  • 紫ぷよ・・・ぶどう味
  • おじゃまぷよ・・・もも味
  • 青ぷよ・・・ソーダ味

こんな感じでフルーツ&ドリンクの6種類の味があります。

僕としてはTROPICALなマンゴー味が欲しかったですけど、これらも十分に美味しそうです。

ぷよぷよとしてのインパクトだけじゃなくて普通にグミとしても美味しそうなので、ぷよらーとしての僕はもう買うしかないと武者震いしちゃいました。

ぷよぷよグミを24袋購入してみた

ぷよぷよグミはスーパーやコンビニで発売されているので、比較的簡単に手に入れることができます。

ただ、僕はスーパーやコンビニを合わせて20カ所ほど回ったのですが、売っていませんでした…。

まさに大打撃です。

しかし、Twitterではしっかりとぷよぷよグミを買っているとツイートされています。

「うわー、買ってていいなー。」と、もう指をくわえているしかありません。

僕の近所ではもうどこにも売っている気がしなかったのですが、ちらっとAmazonを覗いてみたら・・・

売ってました!!

はいポチっ!

もう有無も言わさず押しました。

通販で新しいものを買うとわくわくしますよね。

そして次の日の午前中に早速届きました。

さすがAmazonさん、仕事早すぎ。(笑)

届いた商品がこちらです。

ぷよぷよグミですね。では開けてみましょう。

ペリヌペリヌ…。

はい、ぷよぷよグミです。

10袋入っています。

これを2つ購入したので、合わせて20袋のぷよぷよグミが我が家にやってきました。

ちなみにその後、スーパーでぷよぷよグミを発見したのでさらに4袋購入し、合計24(ぷよ)袋になりました。

豊作ですね。(笑)

ぷよぷよグミの新パッケージについて

ぷよぷよグミは2019年4月22日にパッケージが変わっています。

Twitterでもぷよぷよの公式がツイートしています。

今回僕が買ったのは、この以前のオレンジ色のパッケージでした。

新パッケージはまだ見つけられません。

今、市場に出回っているこの旧パッケージが売り切れたら新パッケージだけになるんでしょうね。

ぷよぷよグミを結構買ったので新パッケージを探し求めることはしませんが、もし新パッケージを見つけたら購入してみたいと思います。

ぷよぷよグミはうまいのか食べてみた感想

ぷよぷよグミがうまいのか食べてみたいと思います。

この記事のタイトルから分かりそうなものですが。(笑)

早速、中身をあけてみましょう。

下の方が暗くなってしまいました。

で、見てみると・・・ぶどう味の紫ぷよがない!!

入っている中身は完全にランダムみたいなので、入っていない色もあるんですね。

では、次に2つ目をあけてみます。

今回は6色ちゃんと入っていました。

色の数もまばらでランダムなんですね、ぷよスポのツモを再現しているようです。

では、いざ実食します。

ぱくっ、グミヌグミヌ…。

うん、うまい!!

思ったよりもグミが小さいのと、最近は固いグミが流行っていますが、これはどちらかというとやわらかめに作られています。

では、次は2つの色を合わせてぱくっ。

グミヌグミヌ…。

あ、味が違うっ!?

6種類の味があることは知っていましたが、合わせて食べることで違う味にもなるようです。

ただ僕はそこまでくっきりと違う味だとは感じませんでしたが、確かに味が口の中でコラボってますね。

まるでトリコに出てくる虹の実みたいです。

ぷよぷよにも同時消しっていう概念がありますからね。(意味不明)

色んな味を楽しめるのはお菓子として面白くて良いんじゃないでしょうか。

ぷよぷよグミで19連鎖をつくってみた

ぷよぷよグミということで、ぷよぷよらしく連鎖をつくってみました。

それがこちらです、ドンッ!!

はい、19連鎖です。

これをGIF画像にして動きを見てみましょう。

あ、途中からプレートがテカっているのはグミの影響です。(笑)

赤と紫が若干色が似ていたので「赤、青、黄、緑」の4色で作りました。

結構なグミの量を使いましたね。

合計で9袋です。

なんとなく分かってたけど24袋もいらなかったー!!(笑)

最初は使わない色を食べていたのですが、途中から袋につめたので今度食べることにしようと思います。

あー、頑張った!!!!!!!(笑)

まとめ

ライオン菓子から発売されているぷよぷよグミについて紹介してみました。

グミとしても美味しいですし、ぷよらーなら一度は口にしたいグミなんじゃないでしょうか。

僕はスーパーでもコンビニでもなかなかエンカウントしませんでしたが、購入している方も多いのでたまたま売ってなかっただけかと思います。

周りの方から話を聞いても、コンビニよりもスーパーとかドン・キホーテの方が売っている可能性が高いかもしれません。

気になる方はぜひぷよぷよグミを買って食べてみてくださいね。

created by Rinker
ライオン菓子
¥918 (2019/07/21 09:47:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です