【たとえ灰になっても】登場人物全キャラクターの元の姿を予想と考察まとめ!

こんにちは、エージです。

以前も記事には書いたんですが、「たとえ灰になっても」(たと灰)という漫画にハマっています。

絵も上手くて、なかなかグロいシーンのあるデスゲーム系ですが、続きが気になる展開なんですよね。

この漫画は、全員が女の子の格好の仮の姿でデスゲームをしていて、ゲームに負けたり本当の姿の本名がバレてしまうと元の姿に戻って死んでしまいます。

この本当の名前だったり、仮の姿というのは理由があって、ゲームの参加者全員が現世でゆかりのある人物同士なんですよね。なので、まったくの赤の他人というわけではないので予想ができそうだと思っています!

今回はそんな「たとえ灰になっても」の登場人物の現実世界の姿を予想したいと思います!!

注意
軽いネタバレがあるので未読の方は読んでから見ることをおすすめします!
スポンサーリンク

たとえ灰になっても(たと灰)登場人物全キャラクターの元の姿を予想と考察

たとえ灰になってもでゲームに参加しているメンバーは、全員が現世のどこかで関わっている人たちです。なので、本名がバレたら死んでしまうで、全員現世の姿を隠しながらゲームに参加しています。

ゲームが進むにつれて次々と姿をあらわにしていくメンバーを、キャラクターを元に予想してみます!

ユキ

正体は「四宮良真」で物語の主人公。予選Fグループ。

妹(四宮幸花)の病気の治療費を稼ぐために、このゲームに参加しています。

常称寺麗奈(じょうしょうじれいな)

自分のことを「わたくし」と言ったり、語尾に「〜ですわ。」などをつける高飛車なお嬢様キャラ。予選Fグループ。

この高飛車でお嬢様キャラは、実はつくっている見せかけのキャラで実は精神的に弱い部分も出しています。

「没落してしまった一族の復興のため」という理由で20億円もの大金を得るためにこのゲームに参加。この常称寺という名前は現世で本当に存在する名前のようで、今後物語で影響してきそしてきそうな気もしますね。

現世で「お兄ちゃん」と会いたい。など四宮良真のことを思い浮かべているようなシーンが多いですね。

これが妹だと思わせる作者の狙いかもしれませんが、それでも単純に可能性を考えると四宮良真の実の妹である可能性が高そうです。

ただ、一族復興のための20億円というところが未だ謎ですが・・・。

山田(やまだ)

正義感が強いが、臆病者の反面もあるキャラクター。予選Fグループ。

失った自分の夢を取り戻すために1億2500万円もの大金を得るためにゲームに参加しています。

パティシエでケーキ屋を営んでいたが、経営不振により借金取りに追われるようになってしまいました。それが原因で大好きだった婚約者と離れ離れになってしまい、ケーキ屋と彼女を取り戻すためにゲームに参加。

純粋であるめがね子を勝たせるために協力してゲームを勝とうとするも、ユキの前に惨敗してしまいました。正体は男性で「五月田晴明」。

めがね子

性格が純粋で嘘がつけなく人を疑うことを知らない正直者。まるで僕のようn・・・。予選Fグループ。

ライアーゲームで言うと主人公の神崎直のような感じですね。笑

「大事な人を取り戻すため」ということで2500万円が必要でゲームに参加。実はこの大事な人というのは、山田こと五月田晴明のことで山田の借金を返すために命をかけました。

めがね子の2500万円と山田の1億2500万円に差があるのは、実は借金利子が膨れ上がっていて、めがね子はそのことを知らないので2500万円と言っています。

山田が敗退して、正体が五月田晴明と知った瞬間に絶望して自分の本名を晒します。

正体は五月田晴明の婚約者で女性の「五月田明理」(旧姓「松葉明理」)。

沙羅(さら)

正義感が強く、このゲームを止める方法をずっと考えているまさに漫画の主人公のようなキャラ。予選Aグループ。

主人公であるユキの正体に気付いています。

ユキにはめられて死にかけた亡々死を助けるために沙羅は敗北することになります。そこからユキの正体を教えてくれと亡々死に言われましたが、それを拒否します。

「ユキは僕の大事な人だ。」とのこと。

最初は正義感が強く、ユキのクラスの学級委員長か何かかと思いましたが、ユキが大事な人だと言うのでただのクラスメイトではなさそう?どうなんでしょう。とりあえず一人称を「僕」といっているので、男性でありそうです。

ユキの学校の学級委員長、もしくは風紀委員とかでユキにはなにか感謝することがあった友人なんじゃないかと予想します。

正体は主人公である四宮良真の学校の生徒会長で、本名は「江端優哉」でした。

ルセット

目が特徴の何を考えているかわからないプレイヤー。予選Aグループ。

2回戦前の食事では、人肉を食べたことがあるような発言をしており、それに対して質問されるとバグったような言動を発していました。

これは2回戦で明らかになったことで、ルセットは家族と一緒のとき飛行機の墜落事故によって遭難してしまいました。みるみるやせ細っていく、最愛の妹からのお願いで「私を食べて。」とお願いされ、妹を食すことに。

これにより、人を食べたことがトラウマとなってしまい、バグった言動を起こしてしまうんですね。

しかし、中身はとても優しく現世で妹である常称寺麗奈を全面的に助けることにしました。しかし、常称寺を助けることには成功するも、その後に現れたフグドクに飛行機の墜落事故から本名がバレてしまい、2回戦で敗退。

現世の元の姿は女性で「古川美希」。

秋原カエデ

頬を赤らめている人で、女性の体が大好きなところを見ると元の姿は男性だろうと思われます。予選Aグループ。

秋原カエデも、沙羅と同じでユキの正体に気付いており、ユキと現世でも関わりがあった人物です。(てか、ユキ正体バレすぎやろ。笑)

2回戦の鬼ごっこでは、時間終了間際でユキと鬼を入れ替えられて敗退。この時間寸前でユキと鬼が入れ替わったのは本人がやったのか、それとも別の誰かがやったのかは明らかにされていません。

もし本人だとしたら、秋原カエデはユキを命がけで守りたい人ということになりますね・・・。

正体は男性で、†姫蘭†の息子かつ主人公である四宮良真の親戚。

ショーコ

眼力が半端ない黒髪ロングの子。予選Bグループ。

主人公ユキ曰く、登場人物の中で1番厄介そうであり、追うものか追われるものの目をしているとのことです。

鬼ごっこの行われた二回戦では、常に屋上から自分は安全な場所に身を置き、全員を監視していたチート級の目をもつ人物です。

僕の予想ですが、ショーコの中身は男性の気がするんですよね。女性ではなさそう。

さらに予想するなら、ユキの父親じゃないかなーと思っています。追うものか追われるものかと言ったら追う方の目をしているということです。

ユキの父親は、ユキの中で母親を殺し逃げ出した記憶があります。しかし、この真の犯人は父親ではなくて父親は本当の犯人を探しているのではないでしょうか。

ショーコは追うものの目をしているユキの父親だと予想します。

ちなみに、僕の予想では真犯人はこの登場人物の中に含まれています。このまま読み進めていってもらえれば僕の予想が分かります。

スポンサーリンク

†姫蘭†(きらん)

語尾に「にゃあ」とつける裏表のある現世でアイドルだった女性。予選Bグループ。

表向きは明るく愛想の良いように見えますが、裏では自分が中心と考えており、余裕がなくなると口調が変わってきます。

二回戦の鬼ごっこでは、鬼を当てる方法を思いついたなどゲームの中心役となりますが、ユキの作戦により敗退する。

元アイドルなので歌は上手いのですが、ゲームではほとんど役に立たず・・・。

元の姿は39歳アイドルマネージャーでありカエデの母親の「四宮輝子」(旧姓「南野口輝子」)。

リヴ

無表情でボーッと何を考えているかわからない子。予選Bグループ。

鬼ごっこでは、嘘月偽子と試合開始早々無敵状態となりとくに苦労もなくゲームクリアをむかえます。その後は人形みたいにボーッとしています。

本人曰く、「前世の記憶がない。」とのことです。これは何やら物語に影響してきそうですよね!

僕の予想ですが、リブは「メサイヤ」なんじゃないかなーっと思います。

メサイヤに関する詳しい記事はこちらをどうぞ。

【たとえ灰になっても】メサイヤ(救いの御子)が誰か予想と考察してみた!

ここで!!コメントで頂いて「なるほど!」と思ったのですが、リヴは四宮兄妹の母親説です。

死んでしまったところを天使たちに生き返らせてもらってゲームに参戦。死んでいたから記憶がなく、さらに生きるという意味のリブという名前を預けてもらったということです。

可能性は十分に・・・というかメサイヤ説より記憶のない理由も名前もしっくりくる気がします。

リヴは四宮兄妹の母親かつメサイヤは・・・さすがにないか。笑

嘘月偽子(うそつきにせこ)

1回戦で敗退したメガネ子に似てるけど、あまり似てない笑顔が怖い人。予選Cグループ。

おそらく女性で、現世では後ろをめったにとられないフグドクの背中をいとも簡単にとりました。

二回戦の鬼ごっこでは余裕の勝ち上がりを見せて、ほとんど出番がなかったんですよね。

話の内容からすると、主人公のことを現世で好きだった女性のように感じます。

その理由は「人の背後をとるのが得意」「むしろ気付いてほしかった・・。」など、影で追っているように見えるからですね。

予想では、四宮輝子がアイドルマネージャーをしていた本物の†姫蘭†なんじゃないかなーっと思っています。そして、その子は主人公のストーカーだったとか。

ただ、これだと†姫蘭†の正体をすぐ分かるからそれはないかな?嘘月偽子、最終ステージまで生き残りそうなんですよねぇ・・・。

霧霞雫(きりかすみしずく)

無口で自分の本性をほとんど出さないポーカーフェイスの人物。予選Cグループ。

鬼ごっこでは、カエデが近づいても厨二病なことをブツブツつぶやいてて近付けてもくれませんでした。

情報はほとんどなく、推理はしにくいですが、今のところリブと並んでメサイヤに近い人物だと思っています。

【たとえ灰になっても】メサイヤ(救いの御子)が誰か予想と考察してみた!

ガーネット

出た瞬間に怒りをあらわにしていた女性。予選Dグループ。

1回戦では、天使のせいで双子の妹を手にかけてしまい天使を殺そうと企んでいました。

1回戦で自身の指を切断されたときに使用されたナイフで天使を切りつけるもまったく歯が立たずに返り討ちにあってしまいましたね。気の毒すぎます・・・。

正体は女性で本名は「石原冴子」。

フグドク

圧倒的ラスボス感、もしくは強敵感を出している人物。予選Dグループ。

現世ではテトロドトキシンと呼ばれ、快楽殺人者です。鈴野りんには正体がバレていますが、誰も本名を知らないため名前を当てて脱落させることは不可能な様子。

この人もラスボス級で、鬼ごっこでは余裕の勝利を見せるだけなく、自分が鬼だと言いまわることで参加者を混乱させていました。

予想ですが、おそらくフグドクが主人公ユキの母親を殺した真犯人なんじゃないかなと思っています。

そして、父親と予想するショーコがフグドクを追っているんじゃないでしょうか。

フグドクは恋をしているみたいですし、正体は女性で現実のショーコ、つまりユキの父親に惚れているんじゃないでしょうか。

亡々死(ななし)

ずっとおどおどしている漫画家。予選Dグループ。

怖がりでゲームに参加しなければよかったと後悔しながらゲームに参加しています。

ユキと協力して†姫蘭†を敗退させるも、さらにユキから裏切りをくらって敗退寸前になりました。

最終的には沙羅が亡々死をかばって敗退してしまいました。沙羅、かっこよすぎるよ・・・。

正体は漫画家で、名字は「下馬伏(しもまぶし)」。

鈴野りん

レッドカード級のラスボスっぽい人物。予選Eグループ。

たとえ灰になってもの僕の1番好きなキャラクターです。

驚異的な実力と、圧倒的なギャンブル運を兼ね備えていて、1回戦ではゲームが始まる前に対戦相手3人を全滅させて勝利し、2回戦でもわざと常称寺麗奈から鬼を受け取るも驚異的な運でユキを鬼にします。

ただ、強いだけではなくて笑顔を見せたり無邪気な部分があったりと怖い一面と優しい一面がある人物です。

「〜だわいのう。」という語尾から、老人のようなイメージです。

ギャンブルを極めすぎてしまった男性の老人かと思われるので、予想では山田の最後の現世で行ったギャンブル場にちらっといた老人かと思います。

まとめ

たとえ灰になってものゲーム参加者全員の姿を予想してみました。

こう見るとラスボス候補がむっちゃ多いですね。二回戦の鬼ごっこが終わった時点でラスボス級しか残ってないですか。笑

読者の方によっては「違うだろー。」とか「これは納得!」とかあると思うので、ぜひコメントいただけたら嬉しいです。

いやーこの漫画、本当に続きが気になって気になってしょうがない。早くどんどん読んでいきたいです!笑

ご覧いただきありがとうございました!!

たとえ灰になってもが無料で読める「マンガUP!」はこちらからDLできます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

単行本・コミックス派の方はこちらから購入もできます。

スポンサーリンク

23 Comments

ななし

沙羅は良真の父親だと思ってます。
「誓い」の回で彼女の事をなな死がやたら正義正義言っていて、良真の父親の名前が正義だったのもあり、もしやと思いました。
沙羅がユキを大事な人と言ってるのも息子だからかなと。
なので父が母を殺したのも何か理由があり、母はフグドクとかだったら面白いなと思ってます。母がしてたエプロンのイラストも少しパスってるので(笑)
自分は途中までしか話を読んでませんが、ストーリーが進んでて違う展開になって全然考察が関係無かったらごめんなさい。

返信する
エージ

ななしさん、コメントありがとうございます!

父親は刑事だったので正義感は強いでしょうし、沙羅の性格と合いそうです。
ただ、沙羅は良真のことを四宮と心の中で呼んでいたので、そこの部分がひっかかってしまうかも知れません><。
沙羅が父親説は確かにあるかもしれませんが、苗字で呼んでいたところが気になってしまうところですかね。

フグドクが母親は新しいですね!面白いです!!
そんな考えまったくしていなくて、自分の考察から母親は外していました。
自分の中の考察が変わりそうです。(笑)

返信する
月波

楽しい記事をありがとうございます!
私は「リヴ=四宮兄妹の母親」かなと予想しました。殺されてゲェムに参加した関係で記憶喪失なんじゃないかと。かつメサイヤ説も支持します。
四宮正義は実は凶悪犯でフグドク…と思ってましたが、エージさんの真犯人説なるほど!と思いました。

返信する
エージ

月波さん、コメントをありがとうございます!!

「リヴ=四宮兄妹の母親説」ありそうです・・・。
死んでしまったから記憶もなく、生きるという意味の名前なんですね。。

メサイヤ説よりも可能性ありそうです。
母親はいるかもしれないと思いましたが、よくよく考えてみたらリヴは当てはまりますね。
記事、その内容で更新させてください。笑

読んでくださった上に考察のコメントありがとうございました!!

返信する
月波

うわわっ!さっそくの記事更新、ありがとうございます!思いきってコメントして良かった、嬉しいです!!
これからますます展開が楽しみですね(*^^*)

返信する
エージ

ご返信ありがとうございます!!

「なるほど!」と思ったので即パクらせてもらっちゃいました。(*´ェ`*)笑
これからも何かあればコメント頂けたら嬉しいです!!

内容も正体も、今後が本当楽しみです!!

返信する
るー

たとえ灰になってもの正体が気になって辿り着きました!
検索の力は凄いね!
記事を読んでなるほどなーと思い感心しました!

返信する
エージ

るーさん、コメントありがとうございます!!

たとえ灰になってもの正体、気になりますよね!
決勝に進むにつれて身近な人が残っているような気がします。
決勝は妹、父親、母親の家族で戦いそうな気がしますね・・・。

検索の力は本当に凄いです。
検索でたどり着いてくださってありがとうございます!!

返信する
カエデかわいい

なるほど!と納得してしまいました!
はじめまして!
私は常称寺麗奈はルセットが生きていた頃の公園で出会ったツインテールの少女だと予想していました!一回戦目で麗奈が火でしぬときの辛さは~と話していたときにも確かツインテールリボンの女の子が…
雪花=リヴと予想していたので、母親説は少し意外でした!
次回が楽しみですね!またきます♪

返信する
エージ

カエデかわいいさん コメントありがとうございます!!
僕もカエデ大好きです!見た目も中身も!笑

なるほどです!!
妹はリヴで、常称寺麗奈は妹と思わせるブラフでルセットのときの子ということですね。

確かに常称寺麗奈が妹だと変化球も何もないところが気になるんですよね。
妹が常称寺麗奈と思わせてリヴも可能性もありそうです。。
実際、常称寺麗奈が妹だとすると一族復興のための資金で言うのもしっくりこないんですよね><
そこだけがひっかかっていて。。

カエデかわいいさんの予想もありそうです。
ホントこの漫画は予想しがいがありますよね!!笑

返信する
れな

はじめまして。
たと灰好きでこのブログに辿り着きました。皆さんの予想なるほど!と思いながら読んでました。そんな私は麗奈が幸花ちゃんと予想してましたが、最近どうやら疑問出てきまして…。というのも鬼ごっこの舞台の学校を「見覚えがある」と言っていたので、幸花は良真と恐らくは同じ学校ですし自分の学校にそんな発言するかな?って思ってしまいました。それも演技ならまんまと騙されてる訳ですが(笑)偽子がカエデちゃんと綺蘭の正体に酷く動揺していて、「おばさん」と呼んでいたので、実は偽子が妹なんじゃないかと。背後を取るのが得意なのも幸花ちゃんはお兄ちゃん大好きっ子だし、いつも後ろをくっ付いてきてたからかなぁとか。どうでしょう。

返信する
エージ

れなさん

はじめまして、コメントありがとうございます!!

偽子も†姫蘭†の正体に動揺していましたよね!
偽子が妹説も考えました!!

色々当てはまりそうなんですが、笑ったときの笑顔が妹とは思えなくて・・・。笑
でも麗奈の学校を見覚えがあるは確かに気になりますね。
自分の学校を見覚えがあるなんて言わなそうです。。

偽子は強キャラぽくて最終ステージまで残りそうなので妹説は濃厚かもしれません・・・。
早く正体が知りたいですよね><笑

返信する
読者

作者の鬼八頭かかしさん、亡くなってしまいましたね…
お悔やみ申し上げます
まだまだ先がありそうですし、連載中止の様ですけど、どうするんですかね…

返信する
エージ

読者さん

コメントありがとうございます。

私も先日知ってとても驚いています。
これだけ考察をしているほど大好きな漫画ですし、いつも続きを楽しみにしていました。

連載はどうなるんでしょう。まだ先は長そうでしたよね。
続きがどこかに残っているならどなたかがそれを参考に続きを書きそうですし、もしなければ打ち切りになる可能性もありそうですね…。

今後のスクエア・エニックスさんのヤングガンガンにて詳細発表を待つしかなさそうです。。

これほどまでのわくわくする漫画を描いてくださった鬼八頭かかし先生には感謝でいっぱいです。
ご冥福をお祈りします。

返信する
常称寺麗華

初めまして。鬼八頭かかし先生の訃報を先日知りました。毎回訪れるどんでん返し、まさかの展開に驚かされ、続きが楽しみでした。
どんなに名の知れた名作漫画よりも魅力的な絵、物語だったと思います。
この先他の方が物語の続きを描かれるのかもしれませんが、かかし先生の思い描いていた結末は永遠にわかりません。ならばこのまま未完で終わって、結末はそれぞれの読者の心の中で、というのもいいでしょう。たと灰をかかし先生の意図する結末と違った形で完結されることは心苦しいです。

鬼八頭かかし先生の心よりのご冥福をお祈りいたします。

返信する
エージ

常称寺麗華さん

初めまして、コメントありがとうございます。

鬼八頭かかし先生の訃報は私も先日知り、とても衝撃をうけました。
サイコロでも鬼ごっこでも鳥肌の立つ展開で毎回更新が待ち遠しくて楽しみでした。

常称寺麗華さんの言う通り、他の方に描いていただいても内容はやはり違ってしまいますよね。
それでも話を完結してほしいか、それともこのまま読者の想像で終わらせるのかどちらが良いのかは難しいところです。

心苦しさは私もとても納得します。ただ、鬼八頭かかし先生を担当してくださった編集の方と漫画を完結してほしいという気持ちも正直あります。
どちらにせよ、私にとっては「たとえ灰になっても」は一生心に残る名作漫画です。

ここまで面白い漫画を描いた鬼八頭かかし先生には、ゆっくりとお休みいただきたいと思います。

本当に感謝しかありません。

返信する
ひゃるあきくん

メサイアさんはユキさん
妹の幸花さんは予選で脱落しているか、大穴で天使さんたちが幸花さんだと予想しておりました…

作者様は亡くなっていたのですね…
お悔やみ申し上げます…

返信する
エージ

ひゃるあきくんさん

コメントありがとうございます。

メサイヤはユキというのも新しいですね。
本人は自分の正体を気付いていなかったパターンでしょうか。

ユキが予選で脱落か天使ならば、現世にもどった主人公は発狂しているでしょうね><

鬼八頭かかし先生はご逝去されています。。
こんなに予想してくださる方が多くて本当に素晴らしい漫画を描いてくださりましたよね。
お悔やみ申し上げます。

返信する
ちっち

長文失礼します。勝手に考察します。
まず率直に麗奈が幸であることは無いと思います。第一に彼女が幸ちゃんであるならば、彼女のナイトメアの中でも母親が殺されたシーンやいじめの場面が映るはずですが、それがありませんでした。麗奈に許しを乞いていましたが、そんな追い詰められることがあったらユキの回想でも出てくるはずだからです。メタ的な話で言えば、山田くんの回のように読者を裏切る展開を書くかかし先生がそのまんまな展開を描くとは思えませんし…。
では誰が幸なのかというと、私はリヴだと思いますね。死んだ母親説は厳しいかなと。他の死者に比べてタイムラグがありすぎますし…。
でもありそうなのは、母親が雫ちゃん説です。というのも、あの母親の死は偽装であり、何か理由があって死んだふりをしなければならなかった(私の予想では、このままでは父親に恋をしているフグドクに殺されるので死んだことにしたかった)。しかしその結果として父親は殺人者として世間に知れ渡り、兄妹も疎まれる事態となる。それが、雫の言っていた重すぎる十字架なのでは?と思います。
ショーコは父親で間違い無いと思います。
かかし先生が亡くなってしまったので答えが明らかになることはないかもしれませんが…。

返信する
エージ

ちっちさん

コメントありがとうございます!
ちっちさんの考察を読ませていただいて、「うわ、凄い!」と思いました。

麗奈が妹なのは、やはりかかし先生が読者にミスリードさせるためなんですかね。
素直に妹の可能性はやはり低いかもしれません。

妹がリヴだとしたら、記憶喪失であるのは何か原因がありそうですよね・・。
病院で意識不明になってしまったので記憶喪失とか?それは強引ですね。
何か特別な理由がありそうです。

あと、雫の重たすぎる十字架は僕は考察にいれていませんでしたが、確かに考察できますよね。
ちっちさんの言う通り考えるとしっくりくる気がします。
母親はなにか理由があって、愛する子供2人をこんな目にあわせてしまった。
そしてそれが十字架ってことなんですね。
ユキは温泉で雫を女性だと予想してましたし、母親の可能性も高そうです。

ここまで楽しく考察できる漫画も少ないので、続きが気になりますね。
こんな素晴らしい漫画を描いてくれたかかし先生は本当に偉大な方です。

返信する
ガルシア

私もリヴさんが幸花だと思います
四宮の名に反応していたのと食事シーンや点滴の描写を見る限り、二人は左利きの可能性が高いので….。
メタ的な目で見るなら記憶喪失のキャラが重大なポジションなのはお約束…(-_-)

あとは大方の予想通りショーコさんはユキさんのパパンだと思います

返信する
エージ

ガルシアさん、コメントありがとうございます!!
返信が遅れてしまいすみません><。

リヴが幸花だと考えている方が多いですね!
確かに麗奈が妹だと一族復興のためにお金を集めているのが結びつきませんが、やはりミスリードなんですかね・・。
リヴが記憶喪失になってしまった理由を知りたいですよね。

メタ的な目で見るのも漫画の予想では大事ですよね!!
本当に続きが知りたいものです・・。

返信する
ニル

長文失礼します。
中二病なセリフを話した<霧霞雫>が本当の常称寺麗奈じゃないかなーって思います。下手に会話すると自分に影響するから寡黙を貫いた。と予想。
セリフの中で「背負った十字架」とあったのと、<常称寺麗奈>のナイトメアの効果「常称寺麗奈様~」って所で符号が合うかな?と。
あと<常称寺麗奈>が入院している幸花説。死因が焼死だと思うのですが、入院中で火災に逢っうのはあり得るのかな?という所に違和感がありました。
<十姫欄十>を「おばさん」と呼んでいるので幸花で間違いないと思います。矛盾した推理で申し訳ないですが、理由は。
 幸花は双子説を提案したいからです。
 生まれたときに双子だったけど、医師(<フグドク>)によって隠された(奪われて、本当の常称寺麗奈のペット扱いになった)。
 これなら口がきけない時期(バレないように話さなかった)。いきなり移植が必要な病気が発見(<フグドク>何かしらされた)。という入れ替えがあったのかと。
 説明しにくくて済みません。
 終盤で、共に暮らしてきた幸花と、入院して助けたい幸花が、別人(双子)だった。としたら、<ユキ>はどれほど葛藤したでしょうか?
 今となっては、知ることができなくなり残念です。
 駄文、失礼いたしました。
 

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です